釈迦頭って何?台湾フルーツをを日本でも楽しめる!通販サイトご紹介

テレビでも取り上げられることが増えた台湾フルーツの釈迦頭(しゃかとう)。

つい先日はNHKでもニュースになっていましたね!

 

少し前は、テレビ朝日「マツコ&有吉かりそめ天国」でも取り上げられました。

有吉さんは食感が「ドリアンぽい」という感想でしたね。

果たしてそれって美味しいのか・・・?

 

台湾で大人気のフルーツ釈迦頭のご紹介です 🙂

 

釈迦頭(しゃかとう)とは

釈迦頭はバンレイシ科バンレイシ属の植物。

カリブ海諸島が原産地とされているフルーツで、

写真のような緑色のでこぼことした形の実が可食部です。

 

 

乾季と雨季がはっきりしている熱帯から亜熱帯の地域で栽培されていて、

日本では沖縄、また近隣だと台湾で栽培されているフルーツです。

 

アジアから日本へは様々なフルーツが輸出されていますが、

釈迦頭は熟すと短期間に果肉が脆く崩れやすくなってしまうため運搬が難しく、

また長期の保存に向かないという理由から日本にはほとんど輸入されていません。

 

しかし2018年から零下50度程度での急速冷凍が台湾で実用化されたため日本でも輸入が始まりました。

最近では台湾から中国への輸出ができなくなったため、

代わりに日本市場での取り扱われるようになりました。

 

収穫時期は秋〜冬にかけて

釈迦頭は日本だと沖縄、

台湾では主に台湾東部の花蓮県や台東県で栽培されています。

痛みやすく長期保存ができないため現地でも店頭に並ぶのは収穫期にあたる7~2月のみ。

ハウス栽培されていないため収穫期のみ食べることができる現地でも希少なフルーツです。

 

 

ビタミンやミネラルも豊富

フルーツがビタミン源として優秀なのは既知の通りですが、

釈迦頭もビタミンとミネラルが豊富で栄養バランスも優れたフルーツです。

特にビタミンCはいちごの1.5倍含まれています。

 

 

釈迦頭という名前の由来

釈迦頭の文字通りお釈迦様の丸まった髪の毛(螺髪:らほつ)からきています。

 

 

そのほかにも、バンレイシ、sugar appleなどの呼び方もあります。

類似品種にパイナップル釈迦頭、アテモヤなどもあります。

 

 

実際に食べた感想は

今回Harawiiさんのキャンペーンでご提供いただいた現物を試食しました。

 

 

フローズン釈迦頭の食べ方釈迦頭はカチカチに凍った状態で届くので、食べる分だけ取り出して常温で30分ほど置いておきます。

触った感じ少し溶けたような手応えを感じたら包丁で半分に切ります。

りんごや梨を切るときと同じ力加減ですっと切れました。

半分にしたらスプーンですくって食べます。

ちなみに中に見える黒い種は食べられないので避けてくださいね。

 

 

実際に食べてみました。

味はバナナのような芳醇な甘みと梨のようなさっぱり感が感じられます。

舌触りなめらかな果肉の中にしゃりしゃりとした梨のような食感も。

 

日本で食べられるフルーツとしてはあまり似たものが浮かばないのですが、

マンゴーやドリアンのような南国フルーツ特有の風味があります。

 

 

通販サイト

残念ながら日本では生の状態ではほとんど手に入りません。

楽天市場で台湾で人気の商品を取り扱うショップがオープンしたので、

そちらで冷凍パイナップル釈迦頭が購入できます。

 

予約販売 パイナップル釈迦 1.1~1.5キロ 台湾産釋迦頭 贈答用 送料無料 冷凍便【台湾産地直送】

 

なかなか海外に行けない今、

食べたことがない方は新境地開拓を、

食べたことある方は懐かしの味を楽しんでみて下さい。

 

 

台湾で有名な通販サイトを利用したときのことを記事にしています。

こちらもご一緒に読んでみて下さい!

自宅で台湾の味を楽しめる!日本からでも頼める台湾の公式通販サイトをご紹介

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!