【レシピ】甘くてしっとりアメリカ風味のバナナブレッドのレシピ

ヒルトンホテル名物のバナナブレッドですが、

元々はアメリカの一般家庭で作られていた簡単なケーキ(パン?)。

 

熟しすぎてしまったバナナを美味しく食べようとして編み出された、

誰でも作りやすいお手軽レシピをですが、

私の好みに合わせたアレンジレシピをご紹介します。

 

 

材料


太白ごま油・・・85g

はちみつ・・・140g

卵・・・1個

バニラエッセンス・・・小さじ1/3

完熟バナナ・・・2本(中身だけで200gくらい)

強力粉・・・170g

塩・・・小さじ1/2

ベーキングパウダー・・・小さじ1.5杯

シナモンパウダー・・・適量(10振りくらい)

 

 

作り方


準備

材料の温度は常温に戻す(分離防止のため)

先にオーブンを170度に温める

型に合わせてクッキングシートを切る

強力粉、塩、ベーキングパウダーはふるいにかけて混ぜる

バナナはジップロックバッグなどに入れて手でピューレ状に潰す

 

混ぜる

ごま油に蜂蜜を加える(分離してるけど気にしない)

そこに卵、バニラエッセンスを加えて混ぜる(ちょっと馴染む)

更にピューレ状に潰したバナナを加えて混ぜる(だいぶまとまってくる)

ふるいにかけた粉類(強力粉、塩、ベーキングパウダー)、シナモンパウダーをさっくりと混ぜ合わせる

型に均等に流し込む

 

 

焼く

170度に余熱しておいたオーブンに入れる

(一般家庭用のオーブンレンジでは下の段がおすすめ)

40分間焼く

 

コツ

焼き始めから10分後くらいに横一文字に箸などで浅く切れ目を入れると膨らみが均等になります

途中30分頃に焼き目を確認して焦げそうならアルミホイルを被せる

 

 

 

 

レシピについて


オイルは今回太白ごま油を使っています。

バターに比べて準備が楽ちんなこと、

高温加熱でも酸化しにくいこと、

冷めても固形化しないのでふんわり感が楽しめることから、

おかし作りではもっぱら太白ごま油を使うようにしています。

 

でも、バターだとバターの風味豊かに、

ココナッツオイルは香ばしい風味がバナナと合うので試してみるといいかも。

 

また、蜂蜜はブラウンシュガーでもグラニュー糖でももちろんOK。

しつこいくらいの蜂蜜の風味をシナモンでシャキッとさせている感じのレシピです。

例えるならコストコのバナナマフィンみたいな風味というか。

素材の風味を〜みたいな優しい味をイメージするとちょっと違うかもしれません。

 

私自身はおかし作りって繊細なものが多くて失敗ばかりで本当に苦手なのですが、

アメリカンなレシピは誰でも作れるようなものが多くて失敗知らずで助かっています。

 

2020年は新型コロナウイルスでロックダウン中のアメリカ家庭ではバナナブレッドづくりが流行ったそうで。

それくらい誰でも作れるうえに誰からも愛されているようなものなのでしょうね。

 

美味しくできたので素人ながらご紹介させていただきました。

元々のレシピはこちらです。

とても素敵なアメリカ家庭料理をご紹介されているのでご参考にもどうぞ!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る