【旅行記2018】ラスベガスのWynn Las Vegasにタワーホテルスイートに宿泊

成田空港からANAでアメリカのロサンゼルス空港へ。

そこから国内線に乗り換え

アメリカン航空でラスベガスのマッカラン空港へ。

 

ハワイでの、

オアフ島からハワイ島の移動に使ったハワイアン航空の飛行機よりは

機体も大きめで安定した便でした。

 

海外の国内線を使うのはこれで2回目ですが、

航空会社によって雰囲気がやっぱり全然違いますね!

 

 

 

マッカラン空港からホテルまで


移動はUBERとタクシーと悩みましたが、

慣れない長時間飛行と海外に疲れてしまっていたので

すぐ目の前にいたタクシーを利用しました。

 

 

タクシーではクレジット払いにしたのですが、

機械で選べるチップ金額が異常に高くてびっくり!

 

30%から3段階のパーセンテージでの

支払いが半強制的に求められました。

 

本来はきちんと説明をしてもらう方がいいのだと思いますが、

運転手の男性が刺青だらけで目つきが鋭く怖かったのと

まぁ重いスーツケースも3つ出し入れしてもらったし・・・

 

日常的に怒鳴りあいや殴り合う喧嘩をする人たちがいるアメリカで

そんなちょっとのチップに抗議して何かあっても嫌だったので

安心をお金で買ったと思うことにします。

 

 

 

Wynn Las Vegas


長くなりましたが本題です。

Wynn Las Vegasは

ラスベガスで有名な通り”ストリップ”の北部の少しはずれた所に位置します。

 

 

オーシャンズ11でも有名なベラッジオには

徒歩だとゆうに3、40分はかかってしまう距離です。

なのでラスベガス全体を楽しみたい方にはちょっと不便な立地かもしれません。

 

 

WYNN TOWER TWO DOUBLE SUITE


今回はいちばんお手頃価格のタワーダブルスイートに宿泊しました。

 

 

写真ちょっと見切れてしまっているし暗めに写っているのでイマイチですが・・・

実際はとても新しく綺麗なお部屋です。

 

景色はこんな感じで

ラスベガスのストリップとは反対側にある

砂漠本来の姿が見えます。

 

 

ホテルの部屋によくあるお菓子たちもウィンオリジナルでした。

この手のものは手をつけたことないですが、

あるとお出迎えされている感が感じられて嬉しいですよね。

もっといいお部屋であればウエルカムフルーツとか用意されているかもしれませんが

安いのでそこは仕方ない。

実は予約時の特典でグレードアップを狙ったのですが連休と重なったせいか失敗しました。

 

 

浴室は洗面台が2つあり悠々と使えます。

真ん中にあるお化粧用のミラーが思いの外使いやすくお気に入りでした。

 

 

海外のホテルでこの価格帯のお部屋でトイレ別は珍しいですよね。

ここのトイレ

便器のサイズが大きくて驚きました。

私が座ると踵が地面につかずアメリカンサイズをこんなところで実感。

 

 

お風呂はシャワーとバスタブが別になっています。

やっぱり旅の疲れを癒すにはバスタブは別で入れるようになっているのがいちばんですね。

シャワーと一緒になっているビジネスホテルによくあるタイプだと、

浴槽にどう入っていいかいつも悩むので。

 

肝心の写真撮るのを忘れてしまいました。

 

 

総評


安いお部屋の割には広く大人3人が過ごすには十分な広さでした。

最初は本当に過ごしやすいのか懐疑的だったのでランクはあげませんでしたが、

ここならお金をかけたらそれだけの快適さが提供されたと思います。

ちょっと惜しかったかなぁ。

 

 

次回はかの有名なレストラン”The Buffet”をご紹介します。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る