横浜の老舗ホテルニューグランドのプレジデンシャルスイートに宿泊

先日、横浜みなとみらいの老舗ホテル、ホテルニューグランドに宿泊してきました。

ネットにはあまり各部屋の情報が載っていないみたいなので皆さまの参考になれば幸いです。

 

 

ルームキー(#1700)

 

ホテルニューグランドの概要

所在地

〒231-8520
  神奈川県横浜市中区山下町10番地
  TEL : 045-681-1841(代)
  FAX : 045-681-1895

みなとみらい線「元町・中華街駅」
  1番出口より徒歩1分
  JR根岸線「石川町駅」徒歩13分

歴史

1927年創業、今年で創立90周年を迎える日本を代表するクラシックホテルのひとつです。

これまでに宿泊したのは公式に発表されているだけでも喜劇王チャーリーチャップリン、ベーブ・ルース、ジャン・コクトー、池波正太郎氏、石原裕次郎氏、松田優作氏などの名だたる著名人ばかりで、今でもそのブランド力は衰えることはなく、現在でも日々著名人たちが宿泊しているとのことでした。

 

公式HPより引用

客室の種類

ニューグランドは本館(写真手前)とタワー館(写真奥)があります。

部屋タイプはスイートのみでいうと

本館

  • マッカーサーズスイート (56.0m²)
  • グランドスイート (53.3~56.0m²)

タワー高層階

  • プレジデンシャルスイート (130.0m²)
  • ベイビューセミスイート(64.0m²)
  • プルミエスイート (64.0m²)

の5タイプの部屋に分かれます。

 

今回はその中のプレジデンシャルスイートをご紹介します。

 

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

 

プレジデンシャルスイートの概要

 

概要

敷地面積   130m²

標準価格   415,800円(2名利用)

アメニティ  Sクラス(メーカー:ブルガリ)

その他    専用ラウンジ利用可

 

タワーは18階まであり、その17階に位置しています。

ちなみに18階にはスカイチャペルがあります。

 

景色

高層階にあるので景観はかなり良く、日中は日中の景色を、夜はみなとみらいの夜景を楽しむことができます。

夜景はタイムラプスを撮ってみたのでよかったらみてください →みなとみらい_minatomirai_景色

 

室内の様子

部屋は17階の一番奥に位置しています。

メインドアから入るとエントランスがあり、キッチンと一つ目のトイレ、そしてリビングルームに繋がっています。

リビングはこんな感じ。


 

片側一面が全て窓貼りになっていてみなとみらいの景色を一望できます。

奥には寝室。

 

 

 

寝室横のドアはクローゼットルーム、パウダールームとその奥にバスルーム、2つ目のトイレに繋がります。

ちなみにこちら側からも入室できるようサブエントランスがあります。

 

続いてはバスルームのご紹介

重くなるのでまた次回別記事で記載しますね。

 

 

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る