【結婚式】パレスホテル東京での打ち合わせ内容と準備した方がいいこと-第一回打ち合わせ-

あけましておめでとうございます☀️

つい先日、パレスホテル東京での第一回打ち合わせをしてきました。

 

打ち合わせをするにあたって

「何の準備もできていないけど・・・」

「打ち合わせって何をやるんだろう」

「持ち物は?」

と疑問がいっぱい。

 

 

初回の打ち合わせは、

まだプランナーさんともお会いしたこともないし、分からないことだらけで不安が募りますよね。

そこで第一回打ち合わせで話した内容や、決めておいたほうがいいことなどをお伝えしたいと思います。

 

※ あくまで私の場合です

 

第一回打ち合わせ内容


みなさん打ち合わせ開始前にマイウエディングフェアに参加していると思います。

そこで頂いている「ウエディングノート」は覚えていますか?

ウエディングノートには成約後から挙式当日までの流れが記載されています。(参考:P24−25)

そこには、

  • 挙式・披露宴のイメージ・テーマの決定
  • 当日スケジュールの案内
  • 挙式スタイルの決定
  • ヘアメイクの決定
  • 司会者の相談・決定
  • 料理・ドリンクの案内(試食会の案内)
  • 招待状文面・デザインの決定
  • スナップ・ビデオカメラマンの相談・決定
  • 引き出物・引き菓子の相談
  • 宿泊の相談
  • 新郎新婦衣装の決定
  • ブライダルエステの開始
  • 見積もり提示

が、打ち合わせ内容とのこと。

注目したいのは「決定」と描かれている項目・・・。

 

第一回打ち合わせ日が近づいて、私自身初めてまともにこれを読んだ時に

「え、何もわからないけどどこまで決めればいいの?」

 

って思ってしまいました 😯

 

打ち合わせ当日に決定した内容


実際に私が打ち合わせ当日に決定できた内容は以下のとおり

(太字色付けした項目のみ)

 

  • 挙式・披露宴のイメージ・テーマの決定
  • 当日スケジュールの案内
  • 挙式スタイルの決定
  • ヘアメイクの決定
  • 司会者の相談・決定
  • 料理・ドリンクの案内(試食会の案内)
  • 招待状文面・デザインの決定
  • スナップ・ビデオカメラマンの相談・決定
  • 引き出物・引き菓子の相談
  • 宿泊の相談
  • 新郎・新婦衣装の決定
  • ブライダルエステの開始
  • 見積もり提示

結局、決めきれなかった項目も出てしまいました。(後述します↓)

 

何をどこまで決めたのか

  • 挙式・披露宴のイメージ・テーマの決定

「伝統に捉われないナチュラルでカジュアルなパーティー」とか、

「職場の人が多いので厳かでフォーマルな披露宴を」など。

 

自分たちのイメージはもちろんですが参列する方々の特徴も踏まえてお伝えしていきます。

 

プランナーさんがリードしてくれますが、

何か特別な事情をはらむ場合はこの時にあわせてお伝えすると早めの対策が取れるのでオススメです。

私たちの場合は祖父母が疲れてしまった時に休憩できるスペースは確保できるかなどを相談しました。

 

  • 挙式スタイルの決定

「神前式」か「キリスト式」かを決めていきます。

当日の流れを考える上でとても大事な部分。

 

というのも、ここが決まっていないとヘアメイクなども

「お色直しは洋髪→和髪?」などの細かい話が進められず、

最後に出してもらう見積もり金額にも影響してくるため、

第一回打ち合わせまでには決めておきたいところです。

 

  • ヘアメイクの決定

ハツコエンドウか、faccie、または持込みにするのかを決めていきます。

 

インスタグラムの花嫁さんたちから絶大な支持を誇るfaccie二法田さんは特に指名が多いので早く埋まってしまいますので、

第一回打ち合わせではどのヘアメイクにするかは決めておかないとどんどん希望が通りにくくなってしまいます。

 

実際私が第一回打ち合わせをした時には既に二法田さんは先約が入っておりました。

ヘアスタイルなどの具体的な決定は第一回打ち合わせ以降なので、とりあえずは決まっていなくても大丈夫です。

 

  • 司会者の相談・決定

司会者についてはプランナーさんが私たちのイメージする披露宴を聞き取りした後に、

オススメの方をご紹介してくれることになりました。

 

なので事前の下調べはせずにプランナーさんに丸投げの形となりました。

 

  • 招待状文面・デザインの決定

事前にアイテムフェアに参加できた方は一通り見たことあるかもしれませんが、打ち合わせでもサンプルを見て選ぶことができます。

招待状については発注期限があるので、デザイン・文面含めて第一回打ち合わせ時に決定できるのが望ましいようです。

なのでこちらに関しては打ち合わせ前に両家両親にも文面の確認をしてもらっておいて、打ち合わせでは発注だけの形にできるようにしておいた方が良さそうでした。

 

  • スナップ・ビデオカメラマンの相談・決定

ヘアメイクと同様に各社カメラマンの指定ができます。

第三希望まで聞いてくれますが、こちらも早いもの順になるので打ち合わせ当日に誰がいいか希望がある場合は決定しておく方がいいでしょう。

なかなか情報収集が追いつかない場合は、パレスホテル東京側にはカメラマンごとのサンプルが用意されているのでその場で見て決めることもできます。

 

  • 新郎・新婦衣装の決定

こちらに関しては進捗状況の確認の意味合いが強いのかなと思います。

新婦はどこに注文したか、新郎の試着の進捗は、両親は自前かレンタルかを確認されました。

 

 

打ち合わせで未決定項目とその後

  • 挙式・披露宴のイメージ・テーマの決定

祖父母が調子を崩した時の対応についてメールにて相談しました。

パレスホテル東京では親族控え室以外にも各所にベンチもあり、また私たちが宿泊する部屋で一時的に休んでもらうなどの対応ができる旨もご提案していただけました。

 

  • 招待状文面・デザインの決定

パレスホテル東京では招待状は外部注文OKなので打ち合わせで疑問点を確認させてもらい、保留にさせてもらいました。

その後、外注することが決まった旨をメールでやりとりしました。

パレスホテル東京にお願いする場合は発注書をPDFで送ってくれるのでそれでのやりとりになるようでした。

 

打ち合わせの持ち物


 

私たちは今までの資料を全て持って行きましたがその場で使うことはありませんでした。

必要なものはプランナーさんが用意してくれていました。

 

 

用意していると便利だなと感じたのは、挙式テーマを伝えるのに口頭では限界があるのでイメージ写真を印刷して用意しておけばよかったなーということくらい。

 

当日、今までの資料以外にもそこそこの量の資料をもらうので、手提げ袋もくれますが大きめのバッグを用意しておくといいと思います。

 

以上、初回打ち合わせの様子でした。

 


新年明けましておめでとう御座います。

今年も変わらずのマイペース更新になりますがよろしくお願いします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る