【ハワイ島】フェアモントオーキッドのBrown’s beach houseでのサンセットディナー

だいぶ更新があいてしまいました。

今回はフェアモント・オーキッド内のレストランについてのご紹介です。

雰囲気やメニューの感想、予約方法などを解説します。

 

Brown’s beach house


フェアモント・オーキッド内にあるハワイアンレストランです。

公式HPより引用

 

営業時間:17:30-20:30(火、水のみ17:30-20:00),

休業日:11/23、12/24, 25, 31、1/1、2/14

予約:可

ドレスコード:セミフォーマル

 

 

立地と雰囲気

本館からビーチに向かう途中にあります。

海際での波の音。ヤシの木の歯が風によって擦れる音、現地ミュージシャンによるハワイアンムージックの生演奏が心地いい空間を演出してくれています。

この時期だと18時頃からサンセットが始まり、フェアモントはハワイ島の西側なので日の入りを見ながらの食事が楽しめます。

 

 

地産地消のハワイアンメニュー

メニューは日本語表記のものも用意してくれているのでなんとなくどんな料理かは想像出来ました。

でもなれないハワイアンフードにどれを選んだらいいか迷っているとすかさず日本人スタッフの方がオススメを教えてくれました。

 

ノンアルコールカクテル

私も主人もお酒は全くダメなため二人揃ってノンアルコールでした。

どちらも美味しかったけど特に左側のピンクのカクテルが外国らしい甘さとトロピカルな爽やかさで美味しかったです。

 

 

バケット2種

バターとマカダミアナッツバターの2フレーバーでの提供でした。

昔は少しピンク色のスプレッドが提供されていたみたいで期待していたのですがマカダミアナッツバターに変わっていました。

オニオンとガーリックフレーバーで私には慣れない味付けでした。

 

 

アヒポキ(Hawaiian-Style Ahi Poke : $24.00)

これはお代わりしたいくらい美味しかったです。

手前の味付け前のアヒポキを混ぜて、奥にある3種類の調味料と白い陶器の器に入ったチリウォーターをお好みでかけて食べます。

調味料真ん中にある黒いやつはふりかけなんですが、これが合うんです!

是非お試しいただきたい一品です。

 

 

カンパチのグリルとほぐし蟹(Crab Crusted Kona Kampachi : $46.00)

こちらは見た目通りの爽やかな味でした。

ソースとカンパチがマッチしていて美味しかったですが、蟹の存在感をあまり感じられなかったのが惜しい一品。

さっぱりしているのにカンパチが結構ボリューミーなので少食ならこれ一品でお腹いっぱいかも。

 

 

牛フィレミニヨン(Beef Filet Mignon : $54.00)

豪快な見た目通り肉の味がストレートに感じられた一品。

ソースは出しゃばることのないほんのりと風味付け程度のくせのないお味。

日本で丁寧に丹精込めて育てた神戸牛の霜降りとは正反対の野性味のある赤身肉でした。

 

私たちは以上でお腹いっぱいになってしまいデザートまでは頼まずお会計。

 

 

感想


予約は早い時間がオススメ

ビーチサンセットはとても綺麗でしたが、日が沈みきると日本の街灯に慣れた私には意外と辺りは暗く、羽織を持っていても海際なので意外と肌寒いので遅くても18時半までの予約が個人的にはオススメです。

また、予約サイトの口コミを見ると予約なしでも入れるものの、数十分待ったと言っている方もちらほらだったので予約していくのがスムーズだと思います。

予約は旅行代理店でも行っていますが個人で公式HPから行えます

もし不安なようであれば手数料はかかりますが日本語で海外のレストランを予約できるサービスもあるので検討してはいかがでしょうか。

こちら→ 

 

 

ボリューム感に注意

日本の感覚で頼むと食べきれないくらいどれもしっかりと量がありました

それでも海外のボリューム感でいうと少し少なめではありましたが、せっかくのレストランでデザートまで楽しみたい方は頼み方に注意です。

 

日本語対応できるスタッフも

私たちは決して英語が得意な方ではなかったので不安要素の一つでしたが、ウエイターさんに日本語が話せる方がいて度々気遣ってもらえたのは正直心強かったです。

 

 

 

ハワイ島ではオアフ島よりも日本語が通じないかもしれないという不安がありますが、行ってみたら意外とどこでも片言で話せるレベルの方がいて助かりました。

それでもやっぱり基本は英語なので、もっとしっかり話せるようにならなきゃなーと実感。

次回の旅行までにはもう少し話せるようにお勉強しようと思いました。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る